2013
06.02

どの道も、ここ

Category: 創作寓話
神さま: 意識のアップグレードがどんどん進み

受容するエネルギーも増え続けておるから、

もう何を書いていいかわからないようじゃな。


器夫(うつお): はい...。

仕事はキツくって肉体はクタクタだし、

うとうとすればラップ音で目が覚めたり、

夜中に一つの思考を掴んで朝まで堂々巡りしたり、

一匹の蚊まで僕を試そうとするんです。

まるでなっていないというか、

進歩していない自分というか、

上がったり下がったりでジェットコースターのようです。



神さま: あはは。

すべて予定通りじゃのう。適用期間ということじゃ。

新しいアプリが入れば、最初はガタピシじゃ。

案ずることはない。



器夫: それに、何か大きな選択を迫られている気がするのです。

それは、今の現実から、もう一つ別の現実に移行することを誘うというか、

もう一つの現実こそ、より真実の現実だから、どちらを選ぶのか勇気を持って選択せよ、

と言われているような...。

これは、僕個人だけでなく、ある一定の割合の人についての選択のような気もします。

人類は、何十年かかけて、この選択を備えてきたような気がします。

新しい現実には惹かれるけれど、慣れ親しんだ家族や友達がいる現実からは、

とても離れられないという自分がいるのです。

そんなことまでして、別の現実に旅立たなくてもいいではないかという自分が...。

神さま、これは僕の執着なのでしょうか?



神さま: そなたの運命も、誰の運命も、最初からもうすでに決まっているのじゃ。

どの道か分からずに試行錯誤するようでも、最後に選ぶものは決まっているのじゃ。

だから、執着があってもなくても、行くものは行くのだ。選ぶ道を選ぶことになるのじゃよ。

そして、どの道を選んでも、そなたはどこにも行かんのじゃ。

どこへいっても、ここ、以外のどこでもないのじゃから、案ずることはないのじゃよ。

パラレルワールドといえど、いま、以外のどこにも存在しないのじゃよ。

そなたが意識を合わせた途端に開く、玉手箱のようなものじゃ。

ずっと昔からあったように開く、閉じれば消えてしまう世界じゃ。

この世界も、そのひとつじゃ。

だからそなたは、いつも静ごころを意識して、

そこにおるようにするのじゃぞ。


器夫: 運命がすでに決まっているのかどうか、僕にはよくわかりませんが、

そう考えると、何だか重荷から解放される気がします。

僕は、運命を信じたい派かもしれません。


神さま: それがよい、よい。




精神世界ランキング 参加しています



Comment:0  Trackback:0
2013
05.21

月食の影響圏とパラレルな自分

Category: 創作寓話
器夫(うつお): 日蝕の神さま。


神さま: なんじゃ?


器夫: 今日は、なんだかとっても強いエネルギーが降りているようなのですが?

気温も25度を超えているし、これは25日(土)に起きる半影月食の影響なのでしょうか?


神さま: そうじゃのう。

今日から月食の影響圏に入ったということじゃのう。

そなたの国では今日は火曜日だから、火星の影響も加味されてはおるが...。


今回は、ひと月で3度目の蝕に当たるのであるから、過去2回の蝕のまとめでもあるのじゃ。

間に強力な日蝕を入れてあるから、今回の意識のバージョンアップは、かなりのものになるじゃろう。

多き光のダウンロードなのじゃから、浮き出てくる姿かたち、影も多くなるぞ。

いろいろなもの、視えるのじゃ。

訳がわからなくなったら、しずごころに入るのじゃぞ。

要らぬ影は、神がそこで消してくれるのじゃ。

残った姿かたちの声とは、よくコミュニケーションをすることじゃ。

それは、別次元のそなたかも知れぬからのう。


器夫: やはりそうなのですね。

このところ、やたらパラレルワールド、別次元の自分、というものに

意識を向けられているのを感じるのです。


神さま: 別次元のそなたも、そなたじゃのう。

望んでいることをよく聞いて、共に歩めるならそうすればよい。

歩めぬなら、物別れじゃのう。

それも、静ごころに聞くがよい。


器夫: そうですね。

静ごころの神さま、わかりました☆



精神世界ランキング 参加しています





Comment:0  Trackback:0
2013
05.18

小さき遣い

Category: 創作寓話
神さま: 

2013年は、いわば、一二三の神さまのお出ましになる年じゃ。

0から始められる年じゃ。

それでこの静ごころの神も、出てきたのじゃぞ。

出ることができたのじゃ。

小さな神とて、大き神の遣いぞ。

後ろに、大き方控えておるのぞ。

そなたも同じゃぞ。

そなたの肉体は、小さくて有限じゃが、

中身は大き方が、懸かりておるのだぞ。控えておるのじゃぞ。

誰もがそうなのじゃ。

虫でもそうなのじゃ。

小さき者侮ると、こころ痛きことになるぞ。

侮るのは傲慢ぞ。

真理を知らぬ無知故の行為ぞ。

さびしき心ぞ。

哀れな心ぞ。

神は傲慢には懸かれんから、寂しく思うのじゃ。

放蕩息子ほど、可愛いのじゃ。

心待ちするものなのじゃ。

神の心知るには、親の心思えばよいのじゃ。

神は、どこにでも表れているのじゃ。

自らを現わしておるのじゃぞ。

友にも、同僚にも、

毎日出会う売り子さんにも、

現われておるのじゃぞ。


器夫:なるほど!

2013 は、123 と0 でできてますね。

だから日月の神さまが、0からスタートされたのですね。

そういえば、先に上げた今日の日記が entry-213で、一二三でした。

ミクシーにそれをコピペした時間も12:23で、まとめると123でしたし。

そして確か、entry-123 にも、

なぜかひふみの神さまのことを書いていたと思います。

こんなの偶然じゃないとできないですよね!


神さま: うんむ。

神はいろんな方法で、

常に、そなたに語りかけているということじゃ。


器夫: 今日出会うことになる全員が、

実は、あなたの遣いだったということなのですね!!


忘れん坊の僕ではありますが、

そのことを、いつも忘れないようにしたいです。

神さまありがとうございます☆



精神世界ランキング 参加しています



Comment:0  Trackback:0
2013
05.18

静ごころ

Category: 創作寓話
(どこからともなく) 

「わーたしが~ ささーげ~た そーのひーとーに~~


器夫: あっ、神さま! 

あなただったのですかぁ...。

ちょっと、予想外の出方でしたので...。(苦笑)


神さま: そうか?

今日は土曜日、わしの休みの日じゃからのう。

リラックスしておった。(笑)


器夫: そうかぁ!

日蝕の神さまは、木金土が休日なのでしたね。

日曜がお仕事なんて、サービス業のお仕事みたいですね!


神さま: そうじゃな。

日曜は聖書の神の定休日じゃから、わしは出勤なのじゃ。


器夫: ところで神さま、この前のお話に出てきた、

静ごころ(しずごころ)の意味がわかりにくいというコメントを読者の方にいただきました。

「幼な心」というのなら聞いたことがありますが...。


神さま: そうか!

それはよい質問じゃ。

しずごころ、とは、静寂そのもののことじゃ。

それは、人間の心ではないぞ。

いわば、個人的想いが消えた心じゃ。

ここ、ろじゃ。

ここが、炉なのじゃ。

火が燃えるのじゃ。

神の火じゃ。日じゃぞ。


器夫(うつお): はい...。

何だか余計、わからなくなってきました...。


神さま: 人間も、神々も、天使も悪魔も、みんな火でできておるのじゃ。

火花じゃ。

火花は太陽から来ておる。

そなたは毎朝、太陽を拝しておるが、その時なにかを感じておるじゃろう。

だから、飽きっぽいそなたが毎日続けておるのじゃ。(笑)


器夫: うっっ。

はっきり言われてしまいました。(苦笑) 

そうですねぇ。。。

その時感じるのは、焦点が合っているというか、

何かがダイナミックに動いているのに、とっても静かで穏やかというか、

平和というか、安心というか...

自分という境界が消えるというか...

うまく言えませんが、これでいいのだ!

という感覚なのです。


神さま: つまり、そなたの中のスパークに火が点いて、

青い炎でよく燃えている状態のことじゃ。

青い炎の時は、静かじゃろうが...。

状態とは、常態であり、本質ということじゃ。

これもまた、たとえじゃがのう。


どんなに忘れたようになっておっても、

心のどこかにこの記憶が残されていて、必ずいつか思い出すのじゃ。

忘れた状態は、本質ではないから、

必ずここに戻ってくるのじゃ。

吐いたら吸うしかないのじゃからのう。

これを、帰還のための安全弁と例えたものもおるが、

うまい表現じゃのう。

いわば、万人に掛けられたセーフティ・ネットじゃ。

そういうわけで、

しずごころとは、そういうことじゃ。

百万言ろうしても、

結果は同じ、不立文字じゃ。

文字では伝わらんものじゃ。

だが、とても簡単なことじゃ。

体験的に観ずるものじゃからのう。

自分自身のことなのじゃからのう。


空も、無も、いまも、神も、

しずごころのことじゃ。

静寂そのものじゃ。


器夫: 上手く言えませんが、なんとなくわかった気がします☆

静ごころって、素敵な言葉ですね!


静ごころの神さま、

今回はご説明、ありがとうございました!





精神世界ランキング 参加しています



Comment:0  Trackback:0
2013
05.16

意識のアップグレード 2

Category: 創作寓話
器夫: あっ、日蝕の神さま...

今晩は。


神さま: うんむ。今日は二度目じゃのう。

どうじゃ?今夜もできあがっているようじゃが。(笑)


器夫: 済みません。一杯飲んでそのまま寝ていました。


神さま: よいよい。

わしが降りられる塩梅なのじゃから、大丈夫じゃ。


ところで、今朝の話の続きじゃ...。

日蝕は意識のアップグレードだと言ったが、アップグレードには、今の自分に不要となったもの、

そぐわなくなったものを認識し、手放すという働きが伴うのじゃぞ。


不要なものを手放すとは、自己の深い部分において、本当に必要なものは何かを

改めて問い直してみるということじゃ。

親や友人や周囲が、恋人がいうからこれは自分に必要なのだ、というのではないのじゃぞ。

そのためには、ハートの深い深い願い、ずっと変わらない想いに耳を傾けることじゃ。

静ごころ(しずごころ)であれば、その声が聞こえるのじゃ。それはわしの願いでもある。


それと、今回は火星と水星が合している日蝕であり、牡牛座で起きたものじゃから、

特に、男性性に関する信念や思考、肉体的慣習を見つめ、手放すためのよい機会なのじゃ。

つまり、行動性、活動性、積極性に関する分野じゃのう。


たとえば、そなたの住む世界では、自分を積極的に「売り込む」ということが当り前で、

大いに流行っておるようじゃが、神の世界には、めったにないことぞ。

自然界を見ても、あまり見当たらんはずじゃがのう...。

木や動物が自分のよさを売り込む話は、人間の物語の中だけぞ。

ものを作ったら、宣伝も必要なのはわかるが、度を越すのはエゴじゃ。

よくないものまで売り込もうとする心は、我れよしじゃ。

本当によいものであれば、喜んで人が宣伝してくれる、人が勝手に動いて売ってくれるのじゃ。

買ってくれるものじゃ。

それが本来の宣伝じゃ。

自分で自分を売り込んでいるうちは、まだまだじゃ...。


器夫: 神さま、それ、何だかよくわかります。僕も一生懸命売り込もうとしていた頃がありました。

今思うと恥ずかしい気がします。


神さま: そうか。ではそなたは、そうした積極性、行動性が自分にそぐわなくなっているということじゃ。

そのことに気づいたら、その気付きごと神さまの懐に飛び込んでしまえばよいのじゃよ。

それが、静ごころに入るということじゃ。



今日はこれまでじゃ。

少し遅うなってしもうたのう。

神から礼を申すぞ。


器夫: いいえ。お役に立てたなら、元気が出ます!!

日蝕の神さま、おやすみなさい。




精神世界ランキング 参加しています


Comment:0  Trackback:0
back-to-top