2012
01.04

小さな孔雀の羽根

Category: 奇跡のコース
目覚めた人たちの話や、「奇跡のコース」を読むうちに、
Give and Take ではなく、
Give and Give なのだなぁ、と思うようになった。

僕は、数年前、スピリチュアルなことで、
世の中に奉仕しようとしたことがあった。

しかし、うまく行かなかった。
周りでは、上手くやれている人がたくさんいたけれど、
僕には、できなかった。

その時僕は、
Give and Take,
Give and Get の世界にいた。

お金もスピリチュアルな技も、同じエネルギー。
だから、対価を受け取るのは当然、という、
先輩たちの教えに従ったのだ。
小さな孔雀の羽根の一枚ほどの抵抗を、心のどこかに残しつつも…
信じてみたのだ。


時期尚早、能力不足と知りつつも、
何かが僕を、その世界に強引に進ませた。
何かとは、僕のエゴ、傲慢さ、焦り心か、
それ以外の、今もわからない何かだ。

だがそれは、僕にこのことを、
身をもって教えるためのものだった。
今、それがわかる。
そう感じる。

あのときは、
与える前に、取ることを考えていた。
Give と Get,Takeを同時に考えていた。
等しく捉えていた。

それが、小さな孔雀の羽根の一枚だった。

ほんとうは、
Give and Give なのだ。
Give だけで、事足りるのだ。
Take(取る) や Get(得る) は、
自分が考えなくていいことなのだ。

「自分がすべきこと、考えることは、Give だけでいいのだ」

もし、すべての人がそう考え、そう行うようになったら、
Get や Take は、accept(受け入れる)や receive(受け取る) に姿を変え、
あらゆる角度から、自分にやってくるようになるはずだから。

奇跡のコースには、そんなことが書いてある。

教えることは、学ぶこと。
学べるには、他に教えることが不可欠だとも書いてある。

神の国は、聖霊は、
シェアすることによってのみ、
伝わり成長できると書いてある。

他とは、兄弟たちであり、兄弟たちとは、すべての存在であり、
結局、自分なのだと書いてある。

でも、この本は、他の目覚めた人たちが語っていることを、
この本なりに語っているに過ぎない。だからこそ、素晴しいのだ。

「あなたの右の手が行った善行を、左の手に知らせないようにしなさい」

イエスのこの教えに、いつもどこかで惹かれていたのは、
この言葉の真意を、僕の直感が感じていたからだと思う。




精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/93-87c487dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top