--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.26

恐竜の夢 2

Category: 夢・ビジョン
数日前に、また恐竜の夢を観ました。これで、4回目です。どうも、メッセージドリームらしく、観たら忘れぬよう、それを記憶に定着させられます。

今回は、たばこを吸わない僕が、たばこに火を付けます。長くなった燃えさしが部屋の床に落ちました。すぐに拾い上げましたが、床の表面が赤くなり、火が残りました。すると床が盛り上がり、恐ろしい恐竜の頭が床下に透けて見えました。
夢の恐竜4-1

次の瞬間、リアルな恐竜が部屋に現われました。すると、それはすぐに、アニメバージョンの滑稽な恐竜に姿を変えました。とても頭でっかちで、漫画なので、夢から覚めた後、くすくす笑ってしまいました。
夢の恐竜4-2

どうやら、今回の一連の夢は、竜を恐れるな。竜を友とせよ。龍が友達になりたがっている。というもののようです。これは、人間全体に向けられたものだと思います。

恐竜とは、竜を恐れると書きますね。人間は、今まで竜を恐れ、それを封印してきました。竜とは、物質次元を創造するある力、エネルギーのようなものだととらえています。それは、私たちが本来備えている力であり、別次元の私たちともいえる存在なのだと思います。前回の夢に出てきたカムフラージュする恐竜は、龍が何にでも姿を変えられるという象徴です。

では、創造のためのこの大きな力を恐れの対象としたのは、恐竜の類としたのはいったい誰なのでしょう?それは、私たちがその創造力で作り上げた、幻の自己、エゴ的マインドに他なりません。エゴは、竜の存在を恐れます。龍がいては、思うように自分の存在がアピールできないからです。自分が消滅してしまうということを、よく知っているからです。しかし、もうそれが通らなくなってきました。龍は、こうして、あらゆる経路から、表面に出てくるようになりましたから。これが、人類の、意識の目覚めということです。宇宙的な流れです。

精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/91-3864cbaf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。