2011
11.19

精霊の働き、セシウム、火をもたらす…

Category: メッセージ
日記にあまり力を廻せず、よもやまツイートを載せました。(笑)


聖霊って、精霊のこと。いや、聖なる霊であれば、すべて聖霊。霊の、聖なる働きをしている状態のこと。クジラも、動物も、元素も、みんな聖霊。植物の手入れをした後、そう思った。

注解:「大地の天使たち」という本が本棚にあることを、精霊さんに教えてもらいました。


壊れたら機械しか近づけない。その廃棄物は、誰も受け入れ手にならない。廃炉後は永久的に管理が必要。にもかかわらず必ず洩れる。これのどこが、クリーンエネルギーなのですか?


原発は、ウラン採掘の段階から廃炉に至ったその数百年後も、いのちを殺し続ける。この事実から、目を背けてはいけません。

『冷温停止』本来問題がないものを問題化し、それを現在解決中、もしくは近い将来解決すると吹聴すること。本当の問題を放置プレーすること。類語:詭弁 ~現代とんでも新語録 1 


最近は、時折、膀胱の辺りがチクチクすることがあります。そこに葛藤が起きている感じ。今までに覚えのない感覚です。たぶんセシウムなんだと思うのです。


「私が地上に平和をもたらしに来たと思ったら間違いだ。私は、火をもたらしに来たのだ」というニュアンスのイエスの言葉。これは弟子たちに言った言葉であって、僕にはよくわかる気がするんですよねぇ。一理ありだと。でも、コースのキリストは、これは言ったことと真逆だと書いています


確かに、メイン目的は、平安、平和に間違いないだろうけれど。上の言葉は、弟子たちに迫りくる艱難を予見した、覚悟を促す意味から出たのではないかと思うのです。そして、その通りになっていきましたね。キリストの言ったこととは逆だとすれば、聖書の改竄個所ということになるのかな。今の?です。



精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/79-a98845fd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top