2011
10.10

ウォール街のデモ

Category: 時事
このウォール街のデモ、今後どのように発展していくのか、とても注目しています。

人類の高い集合意識と連動しているものであれば、世界を変えることになるでしょう。
分裂した低い意識に支配されたならば、鎮圧され徐々に失速、消滅するでしょう。



以下は、mixiのACIMのコミュにコメントしたものです。


コメント1

とても重要なトピですね。

僕の中では、ウォール街から発したデモと脱原発のデモは、一つに結びついています。

世の中を変えるには、内側が変わるしかない。そのための行動や生き方が必要です。
一方、外側の働きかけも不可欠でしょう。

その中で、平和的にアピールできる、私たち庶民が持っている最大の方法としては、平和的なデモしかないのではないかと、ここのところ思います。

でも、日本にはデモの習慣がないですね。僕自身にも参加の経験はありません。

しかし、100年前の足尾銅山鉱毒事件の際は、「押し出し」という表現で、デモがあったのです。この衝突が問題をすべて解決したわけではありませんが、それが田中正造の生き方を決定づけ、公害という社会が生み出した問題に庶民が目を向け、人と地球との正しい在り方について真剣に考えなければ国は滅びるという、ある意味重要な危機感をもたらしてくれました。

日本全国の中小都市で、「さよなら原発」のデモが起きるようになったら、
日本も変わるでしょうね。もちろん、デモ以外の行動もあるとは思いますが、十万、百万単位の行動となると、ほかには見当たりません。


コメント2

マイミクさんから教えていただいたのですが、Occupy Tokyoというのができたそうで、NYのデモと連動して動いていくようです。


リンク先でNYの占拠デモのライブが見れます。

人々がマイクで語るのを少し聞いてましたが、攻撃性ではなく一体性を感じました。
メディアが伝えるような、若者だけがやっているのではなく、これまでデモに参加したことがないような人も立ち上がっているようです。

もしかして、やはり、「これ」 かもしれませんね。

引き続き、注目していきたいです。




精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/72-75a326ce
トラックバック
コメント
攻撃性から一体性へ、共感や共鳴があるから「デモ」ではなく、「ワンネスムーブメント」ですね。「デモ」もバージョンアップしていくのですね。
龍ちゃんdot 2011.10.13 23:14 | 編集
> 攻撃性から一体性へ、共感や共鳴があるから「デモ」ではなく、「ワンネスムーブメント」ですね。「デモ」もバージョンアップしていくのですね。

龍ちゃん、
こちらへのコメント、ありがとうございます☆

ワンネスムーブメントの予感ありですね。
この流れに日本が乗り、自分も乗るのか、もう少し見守ろうと思います。
makadot 2011.10.14 20:34 | 編集
occupy_globedot 2011.10.21 18:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top