--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
05.04

再生をやめる

僕には、自分に向けられた行為、特にそれが意図的な悪意や敵意のもとに行われたと受け取られた場合には、その出来事について頭の中で何度も同じことを再生する習慣があります。いろんな角度から再生し、その落としどころを最終的に見つけるまで、何回も何回も同じ思考を繰り返します。

しかし、ようやく、その行為自体をどこかで認識している自分を同時に感じるようになりました。ガンガジやエックハルトが示してくれた、いにしえの中道の道、アドヴァイタの道のお陰です。


このメッセージは、同じような習慣のあるあなたへの、ガンガジからのプレゼントです。


はるかさんのブログより


質問者   昨日は質問したいことがありました。
でも今は、わざわざ私が質問を生じさせない限り、
質問がここにあるというふうには感じません。


ガンガジ  とても良いところに気づかれましたね。


ニュートラルな空間とで申しましょうか、
質問を生じさせたり、あなたの物語や問題や歴史といったものを生じさせるためには、あなたは過去へと戻っていかなければならないということを知っている空間があります。


つまり選択の瞬間があるのです。
あなたがこの選択の瞬間に気づいたということは、素晴らしいことですね。


普通、私たちは選択をしています。


過去に戻るという選択をし、あなたの歴史や問題を創造します。
それが『あなた』にとって大変に重要な問題だからです。


(会場笑い)



重要であるという思い入れがあり、時間や労力を投入してきたのです。せっかく労力を使ってきたのに、その問題をわざわざ思い起こしてもう一度生じさせるのをやめてしまったら、問題の重要性は無くなるわけですね。


(会場笑い)


このように、私たちは、過去の記憶へと戻るのです。
これを、再生と呼びます。
生まれ変わりです。
あなたの問題や惨めさや質問を、毎日、毎日、繰り返し再生させるという選択です。



そしてひとたび、選択があることに気づかれたなら、
何が起きていたのかが正確におわかりになることでしょう。


努力が必要です。
まず起きたことに対して、一体あれはどういうことだったのかと注意を向け、もっと踏み込み、時間やエネルギーや注意を投資します。


それから、質問が起きます。
過去があり、問題があり、問題の答えを追求し、または問題をさらに大きくする追求があります。



そして追求は、起きた出来事の再生へと続き、再生は選択の瞬間へと続き、


あなたは、苦悩者としてもう一度生まれることを選択するわけです。
単にいまこの瞬間にいることのかわりに。。。


単にいまこの瞬間、ここにいて、誰でもなく無でいることのかわりに、苦悩者をもう一度やろうとあなたが選択すると、
そう選択した瞬間の次には、問題の再生がおきます。
そして、問題の 再生がおこると、
こんどは解決への追求が続きます。


(ガンガジ、数分間沈黙)


お気付きでしょうか?


たった今の沈黙のように、
いまこの瞬間にじっとしていると、この瞬間はとても強くなりますね。


そして、瞬間が強くなると、今度はそれに伴い、
『あっ。この瞬間に、“私”が消えてしまうかもしれない』

という考えが、起こり、
『そうなると、“私”の人生で、重要だったことがらはみんな消えてしまうかもしれない。大変だ!』

といった考えが続いて起こるかもしれません。


でも、ここでよく理解しておいていただきたいのは、
あなたはいずれは消えてしまうということです。
いなくなってしまいます。
あなたがどれだけ大きな成功を収めたとしても、
それらもいつかは消えてしまいます。
2500年、3000年、4000年、

偉大な功績なら100万年くらいはのこるでしょうか。

でも、宇宙の時間の単位では、100万年は無いに等しいのです。



ですから、ここにあなたへの問いかけがあります。


『あなたは、生まれ変わることを繰り返さないという意志がおありでしょうか?』


転生輪廻というような、生まれ変わりに対してお持ちの考えは、ここでは脇にどけておいてくださいね。


『今この瞬間、
再生をしない意志は、おありでしょうか?』


あなたという特定の形のことではありません。


今この瞬間、ただここにいるのです。


再生させようと引っ張る力はとても強いことがおわかりでしょう。


でも、常に選択があります。
いまここであなたが、
もう再生を繰り返さないという選択をしてご覧になれば、
そこには、
生まれたこともなく、ただずっと生き続けているなにかが在ることに、必ずお気づきになるはずです。
あなたの歴史や疑問、物語、苦しみ、問題 探求、
といったものにはまったくかかわりなく、
いきいきと生き続けている何かがここにあることにお気づきになるでしょう。


その広大さや平安が、“ほんとうのあなた”であることにお気づきになるでしょう。


それは、誕生とも、死とも、まったく関係がありません。


この気づきの中にあるならば、
たとえ再生があったとしても、それはもう大きな問題ではなくなります。
この気づきに真実でありたいという意志がおありなら、
一日に何度再生を繰り返したとしても、もうまったく問題にはなりません。



あなたの物語や歴史や、問題や疑問は、

『真実の存在としてのあなた』の中に生まれるからです。


それは広大無辺な知性であり、
自ら、自分自身に気づいている意識です。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/7-aa13974e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。