--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09.24

ひふみ&ACIM

Category: メッセージ
ツイッターでは、ひふみ神示をフォローしています。昔よく読んでいましたが、今という時代がひふみに追い付いた感じで、実にシンクロしてますね。

今日は奇跡のコース(ACIM)のbotがあったので、合わせてシェアします。


ひふみツイート kamitogo、Ajna22

人民と申すものは天狗ざから、自分はよいのだが、世の中悪いのざと申してゐるなれど、世の中と申すものは大神のハタラキの現れであるから、大神の中でのうごきであるから、世の中が悪いと思ふのは、大神が悪いと思ふことになるのぢゃぞ、其処に底知れぬ程の魔の仕組があるぞ、気つけおくぞ。

奇跡のコース ACIM_bot_jp

許しとは、自分のきょうだいにされたと思いこんでいたことが、起こってはいなかったと認めることである。許すとは、罪を容赦して、それを本物に することではない。罪はないと見なすことだ。そしてそうした見方をすると、あなたの罪はみな許されている。


この二つのメッセージは、今日、ほぼ同時に出ていました。とかく、世の中や誰かに問題の原因や悪や罪を見つけることは簡単ですね。ツィッターでもそういった内容が目に付きます。注意喚起や予防的見地から問題を提起することは必要ですが、お互い、度を越してはいけませんね。分離の落とし穴は、そういったところにもあるのですね。



もう少し、日月神示のツイートから…

天のことは今迄は人民には判らなかったのであるぞ、時めぐり来て、岩戸がひらけて、判るようになったのぞ、今迄の人民であってはならん、地そのものが変ってゐるのであるぞ、天も近うなるぞ、地も近うなるぞと気つけてありたのに目さめた人民少ないぞ、


三分の一の人民になると、早うから知らせてありたことの実地がはじまっているのであるぞ。何も彼も三分の一ぢゃ、大掃除して残った三分の一で、新しき御代の礎と致す仕組ぢゃ、



精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/66-0969d791
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。