2011
08.21

エレニン彗星と惑星ニビル

Category: メッセージ
来たるエレニン彗星とニビル星の接近によって、

人類の意識の進化に一層の拍車がかかり、

マヤ暦の最後の第9サイクルの終わりの日、10月28日に向け、

ホピ族が予言した、

五次元文明の幕開けのために、

すべてが大調和して流れている。


もう夜が明けているので、

残った闇があちこちにクローズアップされているが、

恐れることは何もない。

一切の、ありとあらゆる恐れは、幻だったのだ。

誰の恐れも、みな同じもの。

「恐れ」が何より恐れることは、

自分が「実態のない幻」だと看破られること。



地震、噴火、原発事故、ポールシフト、3日間の闇…

何が起きようとも、

それらはみんな、

意識の進化のための必要なカタルシス。

わたしたちは、それらの具体的な現れ方に、

心囚われるのではなく、

それらを通して、

その先にあるものに出会おう。


苦悩と怖れに顔を背けず、

開いた心で見つめるとき、

きっと「それ」に出会える。


新しいわたしたちの姿は、

もうここに生まれつつある。



精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/55-b60fa8ca
トラックバック
コメント
こんにちは

エレニン彗星について、不穏な噂がネットでひろまっていますが、NASAが公式サイトでこれらを否定しています。

"Comet Elenin Poses No Threat to Earth"
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2011-255

日本語訳は、アストロアーツのページにあります。
「エレーニン彗星が怖くない10の理由」
http://www.astroarts.co.jp/news/2011/08/19elenin/index-j.shtml
それによると、まったく問題ないそうです。
とおりすがりdot 2011.08.27 16:15 | 編集

とおりすがりさん、

NASAのリンクありがとうございます。

ネット上の不安を煽るだけの面白半分の情報、または、そこから宗教に引っ張ろうとするものは直ぐにわかりますね。その類が多いですが、そうでないものもありますね。

一方、NASAの情報は、当てになりません。リンク先の英文も読みましたが、説得力に欠けている気がしました。
少なくとも、現在顕れている大概の公的機関の役割というものは、真実の隠蔽がその目的です。来年あたりからそれが変わりだすでしょうが…
NASAがやってきたことは、時代遅れのロケット技術を使って人々の耳目を集めるその裏で、一部の権力階層が宇宙のハイテク文明を一部が独占することではなかったでしょうか。



makadot 2011.08.27 20:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top