--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
06.30

人間がやったことで

Category:
僕の犬は年老いてしまい、

もう、自力では一歩も歩けない。

介助なしには立ち上がることすらできない。


朝、犬小屋から出し、よしずの下に置いて仕事に行く。

小屋の中は、暑くなり過ぎて危険だから...。

帰宅すると、夕立でずぶ濡れになっていることがあるけれど、

小屋の中で、暑さで死んでしまうよりは濡れる方がいいから。


犬は、よく口を開け、毎日外で暮らしている。

マスクもせず、24時間汚れた空気を吸い

放射能に汚れた雨に濡れている。

死の灰ですべてを汚したのは、犬たちじゃない。

なのに犬は、それをまるごと被っている。

鳥や魚たちだってそれは同じだ。


人間がやったことで、すべての生きものがその報いを蒙り、

それでも何も訴えもせず、責めもせず、

ただ無邪気に生きている。

遺伝子に障害を起こし、

奇形になり、

種族の絶滅を強いられても、

いまのいのちを、

精一杯謳歌している。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/39-22737812
トラックバック
コメント
うちん家にいた愛犬も、病気になって、お尻から血を出してお風呂場で洗い流してました~
あんなに自転車をぐんぐんひっぱっていた力もちだったのに~。
最後は見えなくなった目で家族みんなの顔を見ようとし、別れを悟ったのか涙を流して逝きました~

動物は家族よりも先においていくから、 つらいものですよねえv-7
つぼみdot 2011.07.02 23:21 | 編集
つぼみちゃん、

そうでしたかぁ。

わんちゃんも、最後まで大切にされたからこそ、涙を流してくれたのでしょう。

シェアも、元気な頃は楽しそうにはねまわったり、グランドでフリスビーを追いかけて走ったりと、健康そのものでした。

生きものは、最後を通して一番大切なことを教えてくれている気がします。

コメントありがとう☆彡
makadot 2011.07.03 16:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。