2014
10.09

語録8

Category: トマス福音書
(9月予約投稿)

そして彼が言った「人間はその網を海に投じた賢い漁夫のようなものである。彼は、それを小魚で満たして海から引き上げた。それらの中に彼は、一匹の大きな良い魚を見出した。つまり、賢い漁夫がである。彼は小魚を全部海に投じた。彼は大きな魚を選び出して、苦労するところがなかった。聞く耳のある者は聞くがよい」
一匹の大きな良い魚とは、わたしたちの本来的「自己」のこと、イエスが「わたし」と呼ぶものであり、「父」と呼ぶものであり、他の福音書が「御国」と呼ぶものです。
賢い者であるがゆえに、多くの小魚に目を奪われることなく、たった一匹の大きな魚を選んだのです。


トマスによる福音書




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/360-c275bbad
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top