2011
06.23

空のオープニングとして

Category: メッセージ
去年一年間、僕が食うためにやったことといえば、週2回の教会での通訳、牧師さんの著書の英訳くらいでした。そのほかは、短編物語を書いたり、宿泊や訪問にこられた方をお世話したくらいです。

そんな去年、寒い日も暑い日も雨の日も欠かさなかったことは、毎朝外に立って太陽と交流することでした。シェアが歩くことをしなくなった今年の春以降は、犬のそばにただ突っ立って空になることをやってきました。

空になってその波動でわんこを、ご近所を、地球を、全宇宙を包むのです。端からみたら、「あのおっさん、また犬とボッーと突っ立ってる。去年もお日様に向かって突っ立ってたしね...」位に映っていることでしょう。


つまり、3月から仕事を始め、瞑想の時間が取れなくなったのと、犬にヒーリングする必要ができたのがきっかけとなり、両方を一緒にするようになったというわけです。

自分が空になり、全宇宙を包み込むことで、そばにいるわんこもヒーリングされることになると気づかされたのです。



僕が、このブログを書く目的は、空のオープニングとして、空が現象界に現れる、働きかける場所となることです。これは、わが師エックハルト・トールさんからいただいたアイデアです。

なぜこうしなければいけないかというと、そうせずには人類が滅んでしまうからです。人類が数千年に渡り機能不全を起こしていること、狂気に支配された世の中を生み出していることは、20世紀にどれだけの人が殺されたかを知るだけで十分です。もうどなたにも否定できないでしょう。

2011年は、最後の最後、土壇場に思われます。あと半年が試練です。空に繋がる人が増えれば増えるだけ、人類の機能不全、狂気が癒され、進化の道が開かれることになります。


そんなわけで、このブログでは、僕の文章を読んでいる方が、知らぬ内に空の波動を受け、真我に溶け込んでいただくことを意図しています。

願わくは、このブログを読まれる方のたった一人でも、スペースに、真の自己(神)に目覚め、新たな空のオープニングとなられますことを...


精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/36-57b92ec9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top