--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.02

自衛とは

Category: 時事
日本にとって、自衛とは、自分を守るとは何なのか?そこから問い直さなければならないと思う。集団的、個別的という以前に、日本にとっての自衛とはどういう形が可能なのか、理想なのかを、ゼロから見つめるべき時だと思う。

日本は、武力をもってしては、国土と国民を守れないだろう。原発という自爆装置を全身に巻きつけた狭小な国土なのだから。スポーツにおける、世界での日本の位置が、武力における日本のそれに一致する。つまり、強くなってもたかが知れているということ。

日本は、いつまでも体力勝負の世界で伍していこうとする物量的世界観を捨てなければならない。白人、黒人、黄色人種のなかで、もっとも弱小なのは誰かを観れば、日本の自衛手段がそれ以外の場所にあることが分かる。武器、特に攻撃するための武器ではない。盾と矛でいえば、矛ではない。

武とは、矛を盾で止めるという構成の語だと言った武人がいる。日本が構築できる最強の盾は、世界中の人と共有できる、民間レベルの目に見えない友愛的な繋がり、外交的努力から生まれる。これが、国土全体を覆い、日本を守る目に見えないシールドとなる。


精神世界ランキング 参加しています




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/331-594a3b90
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。