2014
01.25

東京都知事選①

Category: 時事
2月9日開票の東京都知事選挙には、大変大きな意味があります。候補者にだれを選ぶかによって、その波及効果が日本全体に至る可能性を秘めていると思うからです。まさに、今後の日本を占うことができる選挙と言えるでしょう。

日本がこのまま原発を稼働し続けるか、ここでやめるかということを選択する最後のチャンスになるかもしれません。止めるには今決断を下しても遅すぎるくらいですが、それでも新たな方向性を設定し、歩み始める起点にはなります。このまま継続すれば、日本は世界に原子炉を輸出し続け、核のゴミを集め続け、事故の賠償をし続け、最後には世界を破滅させるでしょう。

以下、各候補者についての動画と、わたしのコメントを貼付します。候補者各人の政策、質問に対する答え方と内容、発している雰囲気、オーラをよくご覧いただき、投票の判断としていただけたらと思います。


田母神氏(動画):

原発継続。「原発・放射能については、非常に非科学的な、根拠のない見識がまかり通っている」「日本で、原発稼働中に死んだ人はいままでにいない」「放射能によって、福一の上を飛んでいるカラスが落ちたことがあるか?ない」「福一の汚染水レベルは、ヨーロッパのコーヒーレベルです」

こうした言説は、後々動かぬ証拠として、氏の見識のいい加減さを例示することになるでしょう。最後に表明する、組織の長としての在り方には、尊敬に値する立派なものを感じます。自虐史観を正したいという考えもわかります。が、物事を簡素化する際の誤認識が顕著すぎます。

安倍総理の経済・国家戦略を都政から推進したいという考え。
航空幕僚長としての危機管理的な能力知識を生かすことはできても、そのほかの都政については手薄、政策は” ”(ブランク)状態です。一企業の長とか、町内のご意見番とか、ご自身を生かす場所は、きっとほかにもあるはずです。


細川氏(動画):

小泉さんに後押しされ、原発ゼロをワンイシューとする姿勢。経済成長第一、大量生産・消費社会から、慎ましくとも自然と共存した社会への方向転換を目指すという。

15年間の隠居生活と311福一事故によって、小泉氏同様、原発安全神話が偽りであったことに気付き、人生の最後をかけて日本・世界のために原発再開を阻止しようという決意をされた。そのほかの政策に関しては、田母神氏同様、まだ何もなし、よく把握されていない。

金銭問題で辞任した前知事を受けて立候補するご自身が、過去の金銭問題についてクリアに対応できない弱点が、早速、会見にて露見しました。知事になれば、当然その点を叩かれ、力は発揮できないでしょう。支持を表明した脱原発を目指すグループの方々には、この点をよく認識していただきたいと思います。脱原発のための政策だけでは、都政全体をうまく回すことはできないでしょう。

このまま、小泉氏と脱原発活動を継続していただくのがベスト。絶大な知名度をもつお二方であれば、このままの方が生かし所を得ているといえます。



つづく



精神世界ランキング 参加しています


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/269-e518b0a5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top