2011
06.05

キリストとブッダは仲良し

Category: メッセージ
僕の中では、キリストとブッダは仲良しです。究極、それは同じエネルギーに当てられた言葉の違いだけであり、二人とも同じ教えをしています。そう思うに至るきっかけをくれたのは、シュタイナーの第五福音書でした。

しかし、教会や仏教の一教派に属し、熱心に布教している人ほど、キリストを否定し、ブッダを否定します。完全に二元性、二極性の中に浸ってものを見ています。だから本質を見落とし、他方を打ち消すことで真実を維持しようと強いてきます。今日もそんな方に出会いました。しかも我が家にまで来てそれをしていきました。

「キリストやブッダを知るには、ゼロポイント、中道、十字架の真ん中を感じなければいけません。"Don't think ! Feel !の領域なのです。ゼロとは、左右、両極の真ん中であって、そこを越えた場所にあるものです。スケールの一地点ではないのです。それを空と呼ぶのです。そこにすべてを存在させる実態があるのですね」

その人は、顕正...とかいう日蓮派の人でしたが、僕はその人に、上記のようなことを言わせていただきました。世の中に宗教は不要であり、やりたい人だけがやればいいのだとも伝えさせていただきました。

宗教こそが紛争を生み出す原因だという気もしますが、その宗教にはまってしまう個人の意識こそが紛争を可能にしているといえますね。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/24-b041531e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top