--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.21

イルカとクジラ

Category: 夢・ビジョン
これは、6月24日に観た夢です。
やはり、面白かったのでスケッチしておきました。
本当は詳細な映像でしたが、スキルがないためとてもラフなスケッチで申し訳ありません。


映像は、小型船の船内から始まりました。船内は結構な数の人がいました。
わたしの意識は、そこから、船の後方にある小さなデッキに向けられました。

2013062908470000.jpg


ひとり、デッキに出てみました。
そこは、北米アメリカの大都市のような景観で都市自体が水没していました。乱立する高層ビルのはるか北には、雪を被った山脈が見えていました。
水面に目を向けると、ボートが描く波紋の広がりの中に、無数のイルカたちが後を付いてきます。
少し後ろの方には、三頭のクジラも見えました。みんな、嬉しそうに船をフォローしているのです。

2013062908480000.jpg


次のシーンでは、わたしの意識は船の操縦席近くにいました。
広い窓からは、明るい外の景色がよく見えました。
こちらは、すでにどこかの湾岸に達したような風景で、大海が近いことが分かりました。左右のビル群の先は、水平線の光のまぶしい中に消えているのです。
水面に目を落とすと、たくさんのイルカたちが船を先導しています。水にぬれたイルカたちの鼻や肌が、光に反射してツルツルと光っています。水面を埋め尽くすほどおびただしい数です。

2013062908480001.jpg


すると、一頭のイルカが船の右方向から現れ、体を立ててこっちを観ています。

2013062908480002.jpg


一瞬、衝突しないかとハラハラしましたが、上手いタイミングで船に向かってダイブ、船底に泳いで行きました。


さて、この夢に関しては、夢の原因となるような現実での伏線的出来事はありませんでした。
イルカやクジラの夢も滅多に観た記憶がありません。

ただ、この夢にマクロ的な解釈を与えるすると、クジラやイルカたちが、新しい文明へと移行する人々をサポートしに来ている、ということになります。そのことをよく意識すると、少なくとも一頭のイルカ(クジラ)がその人の常時サポートに就くということです。わざわざ船底に潜り込んだイルカは、その象徴です。この日記を読むことで、そのイルカとのコネクションが強まるのかもしれません。

それから、三頭のクジラとは、夢を観た日付と彼らの位置から観て、25日ころに起きる水の宮での二つのグランドトライン(木星-土星-海王星、水星-Tノード-カイロン)が思わされます。この二つの三角形によって、人類レベルの繋がり、直観力、親和性、癒しに勢いがもたらされるということです。

船内に人は多くいましたが、デッキの外に意識を向けない人は、イルカたちのサポートに気付かないかもしれません。もしかしたら、都市が水没していることにすら、気づいていないかもしれません。

イルカを広義の意味で解釈すると、シリウス星系のエネルギー的サポートが増大される、という象徴かもしれないですね。





精神世界ランキング 参加しています


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/226-86acb5b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。