2013
04.03

小さな出エジプト

Category: 時事
いろいろ思うところあって、今年築十年になる家を売却することにしました。

任意売却という形なので、何らかの負の遺産が生じるかとは思いますが、

強い風が急に吹いてきて、そうなりました。


さて、わたしは、これからどこへ行って、何をするのでしょうか...。

先は全く未定です。


どこへ行くにしろ、何をするにしろ、誰と出会うにしろ、

そこでなるべく現行の経済システムに依存しない、よりお金のかからない、

土や植物や水と、より親密な自給自足的生活を目指したいと思います。


聖書の中のモーセは、40歳にしてエジプトを追われ、

その後40年間、砂漠を流浪したといいますが、

わたしは、54歳にしてこの経済社会からの脱却を試みようと思います。


資本力、金融力、処理能力、破壊力。。。など、

力を頼みとするシステムからの、

新らしい、蜜とミルク(愛)の流れる地(文明)を求めた、

わたしなりの、小さな出エジプト、エクソドスです。




精神世界ランキング 参加しています


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/193-0b62d4b6
トラックバック
コメント
あ~、そうですか~。
先は全く未定・・・、本来、人生ってこういう物かも知れませんね。
まさに、今、生きている! と言う感じがします。
どうしても安定をお求めてしまうのが人情ですが、これはエゴ(自我)ですよね。
僕も、思い切りたいものです。 
文殊です。dot 2013.04.04 17:05 | 編集
それは、星に書かれた歩みであり、ずっと、意識の水面下に蓄えられてきた想いであり、
何人もの人の影響によって育てられた気持ちでもあります。
そして、これらが、一つの運命という流れになっているのだと思います。
初めから決まっていることですから、これ以外にはならなかったのでしょうね。^^;
makadot 2013.04.05 12:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top