2013
03.11

開始されたフクシマの情報戦争

Category: 時事
昨日3月9日には、福島県が緊急測定放射線データを半年後に、ただ当時は忙殺されていたという理由で上書き消去したことが判明しましたね。

この出来事の背景にあるモチベーションをよく説明している記事がありましたので、以下に一部抜粋、シェアします。
脱原発の道は、データ改竄との戦い、情報戦争なのですね。



『フクシマ、真実を目指す戦い』

日本人口の大きな部分が著しいレベルの汚染を体内に蓄積しつつある


Global Research誌「フクシマ、真実を目指す戦い」(全訳)

開始されたフクシマの情報戦争


---それらの機関による無言の支配は、核兵器開発計画と核(原子力)産業を支えるべきものである。そしてそれらは、環境中に放出された放射性物質による健康被害を軽度に見積もる欺瞞に満ちた科学研究を公表する。たとえば世界保健機関(WHO)、国際原子力機関(IAEA)、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)、そしてChernobyl’s Legacy: Health, Environmental and Socio-economic Impacts[7]を合同で作成したその他の国連機関である。
この研究は、チェルノブイリが人々の健康にわずかの影響しか与えなかったことの証明として恒常的に引用される。それは次のように結論付ける。
事故当初に作業にあたった28名のみが激しい放射線障害によって死亡、4千人の子どもが甲状腺ガンに罹り、2002年までに死亡したのはそのうち15人である、と。加えてその報告書は、全人口の中でそれ以外の4千人が致死的な癌を患ったかもしれないと推定した。このチェルノブイリ災害の矮小バージョンは、わずか350の、それもほとんどが英語で発表された情報源を参照するという、ずるがしこいやり方で作られたものだが、その一方で英語以外の言語で書かれた3万の出版物と17万の情報源は無視されたのである[8]。これらの大量の文献の要約はChernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and Natureとして出版されたが、それは放射線がもたらした死は98万人に達すると結論付けた[9]。

---害毒は健康記録の偽造に限ったことではない。1957年に英国のウインズスケイルの黒鉛型原子炉、いまはセラフィールド再処理工場となっている場所で、火災が発生した。大量の放射能が放出されアイルランド人の間で起きた癌の発病は、現在まで激しく引き続いているのだ。ECRRによれば、火災後のある時点で気象の記録が「影響が及ぶと思われる場所を隠そうとする明らかな動機で」書き換えられた[5]。同様に、日本の敦賀で高速増殖炉のプロトタイプである”もんじゅ”が1995年に破滅的な火災に遭った。県と市の役人たちは、この災害の規模を隠すために火災のビデオ映像に手を加えた[6]。

---日本人は地球上の他のどの国民よりも多く核の脅威の犠牲にされている。いまや彼らは、知覚できない悲劇の中に放り込まれている。それは何百万人に、ゆっくりとしかし避けがたく、疾患と胸のつぶれる出来事をもたらすだろう。この犯罪への返答の中に、一つの貴重なそして勇気の要るチャンスがある。自分たちを覆い尽くすそうとする災厄を正直に記録する国民的なキャンペーンを実行することによって、日本人は全人類の先頭に立って、核兵器と原子炉の全盛を許してきた詐欺と誤魔化しの泥沼を突き破ることができる。真実は最終的に虚構に打ち勝つ機会を手にしている。ある小さな、しかし明らかな方法で、これがヒロシマ、ナガサキそしてフクシマの悪逆非道への報復に値するのかもしれない。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/182-7960b193
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top