2013
01.01

祝:銀河の夜明け

Category: メッセージ
2012年は、個人的にも人類的にも一つの大きな区切りとなる年でした。多くの人がそのように感じていることでしょう。その年を越え、今日こうして新年が迎えられたことは、本当に喜ばしく思います。新年おめでとう、の言葉がこれほどふさわしくかんじられる年はありません。

特に秋分辺りからのエネルギーのシフトは物凄く、冬至を過ぎてもその強力さが増すばかり。今年も、このエネルギーのシフトに踊らされるようにして、さまざまな出来事が展開されていくことでしょう。そしてそれは、結果的には、「すべては善きかな」ということになると信じます。何故ならそれが、大いなる存在の意思だからであり、私たちが、その存在そのものであり、同時に、見かけ上の個人であるからです。

原発と放射能汚染の問題、世界的な国家の債務超過の問題、グローバリゼーションによる国内生産の空洞化による失業問題など、解決の目処も立たないまま、13年は漕ぎ出されました。この先どうなるかは、まったくわかりません。であるが故に、「すべては善きかな」という無敵のコマを先に打っておこうと思います。

去年にもまして更新は不定期になるかもしれませんが、節目を見つけて書いていきたいと思います。
これまで、そして今日も読んでいただき、ありがとうございました。



精神世界ランキング 参加しています


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/164-95c9592f
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2013.01.05 00:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top