2012
11.03

ナウシカの生きる世界

Category: メッセージ
宮崎アニメの「もののけ姫」~「千と千尋の神隠し」~「ナウシカ」と観た後で、さらにナウシカの漫画版も読みました。すべて、職場の同僚が貸してくれたものです。

ナウシカも千と千尋も以前テレビで観た記憶があったのですが、今回は、とても強いインパクトがありました。それは、私を取り巻く環境が、311以降、この宮崎アニメの、とくにナウシカに描かれている核?による滅亡後の世界に重なってしまったからでしょう。
私たちは今、まさに、ナウシカの生きる世界に突入したと言えるでしょう。

余談ですが、ナウシカの映画版は、劇画版1~2巻の内容のみであり、7巻までのほんの触りとなっています。7巻までの内容は、もう子供向きと言うより、深遠な宗教性をもった精神的なストーリーであることがわかります。むしろ、大人が、いま読むべき内容ですね。
アニメ版の内容から話がどんどん展開し、一見、二つの作品は別物のように思えるかもしれませんが、根底にあるものは、どちらも一体性、ワンネスであり、裁きはいらないと言うことでしょう。

宮崎駿の魂が、ナウシカを通して現代世界に訴えかけたメッセージにいま触れることができたのは、やはり、上の世界からの導きだと感じています。わたしたち一人ひとりの中に生きるナウシカが、いま、目覚めようとしているのですね。。。



精神世界ランキング 参加しています


スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/150-f2706df6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top