2012
10.06

耽溺・中毒

Category: メッセージ
耽溺、中毒とは、

心が感じている

第一義というべきものに向かうことを、

あたかもさも面白みのない、

退屈で没個性なこと、

精彩に欠け、いつでもできることとみなし、

低く位置づけし、

後回し、回避しようとする行為をいう。


第二義以下の、

常に変化する事象の中に、

心が逃避しまうことをいう。


自分自身に向き合うことに

抵抗することをいう。


それをしているのは、

わたしになり澄ましたエゴ。


天地逆さまになり、

上下がひっくり返っている状態こそ、

彼には自然で安心なのだ。


第一義なるものに、

心を合わせ続けることの大切さ。

常に忘れないようにしたい。


精神世界ランキング 参加しています

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/136-d74065d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top