2012
06.22

被曝の症状

Category: 時事
そう思われるものが、わたしの肉体にも二つ出ています。

一つは顔の皮膚、もう一つは、かなり言い難いのですが、右の睾丸です。
顔は二箇所、元々シミのあったところが炎症し、かゆみやかぶれたりしています。厚みも増し徐々に広がっています。311後の夏至の頃始まり、一時落ち着きましたが、今年もまたその傾向が出てきました。

睾丸の方は、常時違和感がある感じ。感覚が過敏になり、シャワーの水が当たるのを避けたい状態です。これは、311後、半年くらいして始まりました。その前には、下腹部にチクチクする痛みが出たこともありましたが、それが睾丸へと移行したのでしょうか。ちなみに、左のタマさんは無事です。(笑)

どちらも311までは見られなかった症状であり、個人的には放射線物質による内部被ばく、外部被ばくを疑っています。
人よりも極めて敏感(過敏?)な体質を持っているので、年間1mSvを超すような環境に住んでいれば、人よりも早く何らかの症状が出ても不思議ありません。

もちろん、どちらも個人の感覚からの意見であり、放射線被ばくとの因果関係は証明できません。今後どういう展開になるかはわかりません。しかし、放射線による病気の発症も、他の病気の場合と同じようにその人の体質によって異なり、攻撃に対して弱い部分が被害を受けるのではないでしょうか?その弱さが、個人としての運命であり、カルマなのだと思います。なので、そういったカルマを持たない人は、被曝による肉体への症状は出にくいか、出ないかもしれませんね。これは、それがいいとか悪いとかというレベルのお話ではありません。単に、そうなっているだけということです。

この話が、読んだ方にとって何かの参考になればという思いから、思い切ってシェアしてみました。

精神世界ランキング ランキングアップに参加しています


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/122-8be0eb92
トラックバック
コメント
日本は永い間、海という境界に守られ過ぎたのだと思います。
外国の生き物がペット用に輸入されて、捨てられ、自然界に放逐されることで深刻な生態系の変化が起きます。

絶滅危惧種の生き物達は重いカルマで滅びるのではなく、彼らの先祖が「生きるか死ぬかの通過儀礼」を通過してきていないから滅びるのだと思います。

人間も同じで、日本人の危機は、先祖が対外的なネゴシエート能力を磨く機会がなかった為に起きているのだと思います。
なのでこれから磨けば良いのだと思います。
アイビーdot 2012.06.26 09:57 | 編集
アイビーさん、

とにもかくにも、日本は、日本として果たすべく与えられた運命を実現していくでしょう。

それをどこまで素直に受け入れ、その中で最大平和裏にできることをしていくかが、最小限のダメージでの移行に繋がっていくのだと思います。

コメントありがとうございます☆
makadot 2012.06.27 20:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top