--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.13

出来事は全て内側の投影

宇宙から降り注ぐフォトンがこれだけ強くなってくると、闇はもう隠れていることができなくなりますね。心の中にある闇、社会システムの闇が、次々に表面に出てきています。出てきたときは、それはもう大変なことになります。渾沌、混乱、不調和を引き起こします。しかしそれは、闇から光へと帰るための不可避なプロセスなのかもしれません。大掃除をすれば、一時的に埃や汚れが出て、掃除前の汚れが強調されるのと同じです。終わってみれば、な~んだ。やっぱり掃除してよかった、ということになるのです。

年明けに、オウムの平田容疑者が自首したという出来事には、2012年が、これまで潜んでいた闇が表面に浮き上がらざるを得ない年になるというメッセージ性を感じたものです。そうしたら、今月になり、菊池容疑者が逮捕されました。おそらくは、宇宙のこの流れからすれば、逃走中の高橋容疑者も、もうすぐ自首するか通報により逮捕されるでしょう。

野田総理も、闇を前面にぶちまけるようなメッセージを出してきています。それはもう、あからさまなほどに迷走を始めた感があります。多くの国民はそう感じているはずです。

国民生活を守るため、子供たちを守るため、原発再稼働は必要です…。消費税増税は国を守るため…伝々と言ってますが、彼の日本語は、一般の意味のま逆を意味しています。すべて逆に読むと、文意が正確につかめます。おそらく、彼自身には、行動や言論の自由などはないのでしょう。彼は、さまざまな存在が合体したネガティブエネルギーを代弁している、させられているに過ぎないからです。それは集団的エゴ、狂気とも言えるものです。なので、彼個人をいくら非難、糾弾しても、権力の座から引きずり降ろしてもほとんど何の効果も意味もありません。同じような、パヘットがまた代替えで出てくるだけです。

むしろ、出来事はすべて自分の内側の投影であるとして、それをきっかけに深く自己の内奥に向い、そこにあるいままで気付かなかった未救済な部分に光を当てることで、外側のリーダー達の資質や世論も変わってくるのだと思うのです。
彼を動かしているネガティブなエネルギーも、元はと言えば、私たち各人の心の中にあったものだからです。

そして、未救済な部分に光を当てると同時に、光の出元である、真の自己にしっかりと溶け込んでいることが不可欠です。これは、各人が、意識の中で自分に適した方法をとればいいと思います。ちなみに僕は、太陽をイメージすると真の自己に繋がります(これは万人向きだと思います)。本当は元々繋がっていて、離れている時などあり得ないのは分かっていますが、じゃじゃ馬なマインドを鎮めるため、繋がり直す行為があったほうがいいのです。少なくとも今の自分には、そうなのです。必要なくなれば、あるがままで瞑想も意識合わせも、何も必要なくなるのでしょう。

精神世界ランキング ランキングアップにご協力ください



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://salasvaty.blog94.fc2.com/tb.php/117-56719d23
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。