2014
05.29

バガヴァッド・ギーター 4

Category: 経典・聖典
「賢者は行為に執着する愚者たちに、知性の混乱を生じさせてはならぬ。賢者は専心して行為しつつ、愚者たちをして一切の行為にいそしませるべきである」3章26

『諸行為はすべてプラクリティ(根本原質)の要素(グナ)によりなされる。我質(自我意識)に惑わされた者は、「私が行為者である」と考える』 27

「しかし勇士よ、要素と行為が(自己と)無関係であるという真理を知る者は、諸要素が諸要素に対して働くと考えて、執着しない」28

「プラクリティの要素に迷わされた人々は、要素のなす行為に執着する。すべてを知る者はすべてを知らない愚者を動揺させてはならぬ」29



精神世界ランキング 参加しています




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top