--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.28

放射線汚染は想定内

Category: 時事
「4月5日までで、一日あたり、100兆べクレルの放射線物質が放出されている」と課長さんが口を滑らせた動画です。

IWJ取材 院内勉強会 (該当箇所は53分頃から)




ところで、六ヶ所再処理工場について調べていたとき、日本原燃が国に提出している事業申請書というのをwikiで見つけて驚きました。

ちょっとだけ抜粋すると。。。


【気体で大気中に放出する放射性物質】(年間推定)

クリプトン85 (Kr-85) 33京 Bq

トリチウム (H-3) 1900兆 Bq

ヨウ素129 (I-129) 110億 Bq

セシウム137 (Cs-137) 11億 Bq

ストロンチウム90 (Sr-90) 7.6億 Bq

プルトニウム240 (Pu-240) (α線核種) 2.9億 Bq

etc...



【液体で太平洋に放流する放射性物質】(年間推定)

トリチウム (H-3) 1京8千兆 Bq

ヨウ素129 (I-129) 430億 Bq

ヨウ素131 (I-131) 1700億 Bq

ルテニウム106 (Ru-106) 240億Bq

ロジウム106 (Rh-106) 240億 Bq

プルトニウム241 (Pu-241) 800億 Bq


etc...




年間で、これだけの放射性物質を空と太平洋に放出しますという予定書です。しかし、攪拌し希釈されるので安全ですというのが国と原燃の立場です。既に、2006年から、年間、数億~数京ベクレルの放射線が大気と太平洋に放出されています。このままでは、2年後に核燃料サイクルが六ヶ所に完成するとき、日本に王手が掛かる状態になります。


2010年9月2日に、 2010年10月完成予定を最大で2年延期することが判明したということは、天の助けですね。どうにかして白紙撤回してもらいたいです。


詳細はこちら



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。