FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
03.30

シュリ・シヴァシャクティ・アマィヤー

Category: インド日記
ラマナ・アシュラムから徒歩10分のところに、シュリ・アマィヤーのアシュラムがあります。Dreaming Tree カフェの並びです。



ラッキーであれば、不定期で行われている、彼女のダーシャン(賢者聖人との接見)を体験できるでしょう。終始無言ですが、そのインパクトたるや…。



私が一月滞在したMMA ゲストハウス、通称ハイテクビルは、この50m 手前、Dreaming Tree の向かいにありました。
オーナー、アルの人柄、セキュリティ、屋上からのアルナチャラの眺望、料金、全部 💯 点です‼


シヴァシャクティ・アシュラムは、普通の一つのビルです。

Om, Sri Siva Shakti Ammaiyar🙏✨


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
01.22

ダクシナムーティー寺院とムルゲサン

Category: インド日記
この寺院は、ラマナアシュラムとシェシャドリー寺院の間にある小さな寺院です。お祀りの日には、一日中参拝者が道に溢れます。
ムルゲサンは当時、そこでプージャ・マスターをしていました。あつこがフラッと入っていきプージャ(火を使った礼拝)を受けたのが、私がムルゲサンに出逢うきっかけでした。
私のために108日間のプージャをしてくれるなど、彼によって、帰国後もインドとの心の繋がりを保てています。
ダクシナムーティーは、沈黙をもって人を覚らせた伝説的存在。シェシャドリー・アシュラム、ラマナ・アシュラムが、それを取り囲むようにしてあるのには、深い意味、メッセージを感じます。


ラマナアシュラムの庭でシャッターを押したら、偶然ムルゲサンが歩いて来たときにシンクロ!運命的出逢いの予感。


パールバティがシヴァのために行をした丘、パヴァル・クンルーにて、リクシャドライバ友のムルゲンと。背景はアルナチャラ山。

ラマナマハルシは、最初アルナチャレシュワラ大寺院に着いたあと、この丘に暫く滞在しました



シェシャドリーの墓。上部の像は、ダクシナムーティーと思われます
Comment:0  Trackback:0
2018
01.17

神域

Category: インド日記
アルナチャラ山は、古来から火の要素をもつシヴァ神の山とされています。

毎日のようにスカンダアシュラムやビルパクシャケイブに座りに行っていた私は、ある時、小道からほんの少しそれた岩場に入り、綺麗な小石を5つほど拾いもとの道に戻ろうとしました。
ところが、いま入ってきたばかりの入り口がどうしてもわかりません。
目星をつけた草木の合間を抜けようとしたら、頭に巻いたショールが茨の草木に捕らえられ、ほどこうとする手の平に、裸足の足に次々と棘が刺さり、一歩も身動きできなくなりました。大きな声で叫んでも誰も来てくれません。パニックになった頭の中に遭難の二文字が浮かび上がりました。

『わかりました!お返しします!』私は、拾った石を、バッグからパラパラと地面に落としました。
すると、それ以上棘は刺さらなくなり、動けるようになりました。あれほどわからなかった入ってきた場所も、難なく見つかりました。

これより何日か前、あつこと初めてアルナチャラに登ったときのことです。水晶のような小石を見つけた私は、記念にと、彼女に渡そうとしました。
『山のものは、持ち帰らないの』彼女はさりげなくそう言いました。

あつこをしてそう言わしめたのが誰なのか、この痛いレッスンによってはっきりとわからされました。



スカンダアシュラムへの道



ビルパクシャケイブ



Monday Only Park から見たアルナチャラ

Comment:0  Trackback:0
2018
01.14

MMA ゲストハウス

Category: インド日記
アシュラム ゲストハウスに10日間滞在した私は、その後あつこが入る予定だったゲストハウスに、代わりに入りました。この場所も、デビッドを紹介してくれた男性が案内してくれたものでした。
Dreaming Tree というレストランの向かいにあり、屋上からアルナチャラ山が望めます。そこではパパジのビデオサットサンなども催され、オーナーのアルは元校長先生だった温厚な方です。
毎朝家族の部屋から聞こえてくる、アルが唱えるOm の声を聞きながら一日をスタートすることができたのは、本当に恵まれていました。
この場所をベースに、得難い30日間の旅暮らしを体験することができたのです。



Comment:0  Trackback:0
2018
01.14

デビッド ゴッドマンに会う

Category: インド日記
アシュラム到着二日目から、あつこのゲストハウス探しを手伝うなかで、旅の目的の一つだった、デビッド・ゴッドマンに面会することができました。彼女が道を尋ねた男性が、デビッドの友人だったのです。
私は、彼の著書でラマナの教えに触れることができたことを、彼に会ってお礼したいと思っていました。
会見は4日目にアポを取り、三十分という短い時間でしたが、アシュラムの庭で実現しました。

David Godman
https://youtu.be/ucWqm5luvUA


アシュラムゲストハウスの部屋


中庭に臨む踊り場


あつこと大寺院

Comment:4  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。