--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.15

Category: 創作寓話
五ヶ月ぶりの更新です。
去年6月ごろ連載開始した、【ブルーアルタイルを一杯】が完結しました。
画面右のパブーのバナーからお読みください。

ネット環境がありませんので、日記更新はとてもレアかつ不定期になっておりますこと、お詫びいたします。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
10.22

語録107

Category: トマス福音書
(九月予約投稿)

イエスが言った、
「御国は百匹の羊を持つ羊飼いのようなものである。それらの中の一匹、最大の羊が迷い出た。その人は九十九匹を残しても、それを見つけるまで、一匹を捜した。彼は苦しみの果てに羊に言った、「わたしは九十九匹以上にお前を愛する」と」続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
10.19

マインド

(9月予約投稿)

(「アシュタヴァクラ・ギーター」私訳)

マインドはこれを欲し、
あれを嘆く。
それは、あるものを抱きしめ
あるものを否む。

それは、いま怒りを感じたと思えば、
次には幸せを感じる。

あなたは、こうして縛られているのだ。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
10.16

語録74、75、76

Category: トマス福音書
(9月予約投稿)

74
彼が言った、
「主よ、泉の周りには多くの人がおりますが、泉の中には誰もおりません」

75
イエスが言った、
「多くの人々が戸口に立っている。しかし、花嫁の部屋に入るであろう者は、単独者だけである」

76
イエスが言った、
「父の国は、荷物を持っていて、一つの真珠を見出した商人のようなものである。この商人は賢い。彼は荷物を売り払い、自分のために唯一つの真珠を買った。あなたがたもまた、蛾が近寄って食わず、虫が食い尽くさぬところに、朽ちず尽きることのない宝を求めなさい」続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
10.15

啄木 3

Category: 短歌
(9月予約投稿)

忘れがたき人々 より


火をしたふ虫のごとくに
ともしびの明るき家に
かよひ慣れにき


きしきしと寒さに踏めば板軋む
かへりの廊下の
不意のくちづけ


波もなき二月の湾に
白塗りの
外国船が低く浮かべり
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。